2009年12月29日

カムサでハムニダ 2日目

ソウルの朝は早いexclamation&question
まずは7時にホテル前のソルロンタンの美味しいお店で朝食を。

DSC02353.JPG



今日は板門店とDMZ(非武装地帯)第3トンネル、トラ展望台を
回るツアーに参加しました。
これは、ツアーじゃないと行けないところなんですよねがく〜(落胆した顔)

映画『JSA』を見て一度は行ってみたいと思っていたんですが
今回夫のたっての希望で実現しました。
バス2台、満席でしたよ。
行きのバスの中では添乗員さんが南北の歴史を色々話してくれました。
日本人にとっては観光気分な所でも
韓国の方にとってはとても重いところだということを痛感しました。

出発時点では日本人が15名位、欧米系の方が5名位でした。
日本語と英語の係員が同乗し交互に行程についての説明があります。
それにしても、韓国の方は英語も日本語もお上手!
頭が下がります。

途中、パスポートチェックが2度ありました。
写真撮影もかなり制限されていて
OKの場所もあったので、撮ったのですが
掲載は控えたいと思います(ごめんなさい)

JSAエリアに入ると、JSA側のバスに乗り換え(汗)
いよいよ板門店に入ります。
バスを乗り換える前、荷物は全部乗って来たバスに置いて行くように
貴重品だけは“ポケット”へ、と言われました。

「建物でも人でも絶対に指をささないで下さい。
写真は許可された場所でしか撮らないで下さい。」

わかっていても、つい指差しちゃうんですよね。
やば爆弾バッド(下向き矢印)

向こうに見える北朝鮮の建物の前で
北朝鮮の兵士が望遠鏡でこちらを監視している様子がわかりました。
意味もなくシャッターを押し続けてしまった私ですダッシュ(走り出すさま)

JSAにはショップもありました。
私を含めてほぼツアー全員の方が何がしか記念に購入。
不謹慎と言われてしまいそうですが
外にいた韓国兵士の方(お二人)に
「サジン カッチ チゴジュセヨ?」(一緒に写真撮っていただけますか)と
お願いしたらOKでした。
(このさい夫そっちのけちっ(怒った顔)

これが、これがですね・・・
本当に不謹慎で申し訳ないんですが
めっちゃイケメンハートたち(複数ハート)
背も高くて、精悍なナイスガイでした。
出来上がった写真を見たら、お二人とも満面の笑みわーい(嬉しい顔)
(ちなみに板門店勤務?の兵士は超エリートだそうです)


お土産は・・・

DSC02460.JPG


キャップ、ひざかけ、ワッペン、ピンバッジ上

ツアーガイドの方がとても親切で、韓国と北朝鮮が分断された前後の歴史など
さまざまなお話を聞くことができてとても勉強にもなりました。
これまで、海に囲まれた日本で生活していたため「
国境」というものに実感がなく、テレビの情報でしか分からなかった
分断国家の悲しみを、このツアーを通じ体感しました。

韓国に行くたびに思うんですが
徴兵された若い兵士を見ると、なんと自分のいる環境が平和であるか・・。
国のために、命をかけて働く彼らの緊張感は今でも強く心の中に残っています。殺伐とした38度線の緊迫感に対しソウルの街の華やかさ…。
それでも、彼ら韓国人は常に力強く生活、生きているパワーを感じました。



夜は屋台で一杯Good

DSC02427.JPG


チャミスル5本とマッコリ1本空にしましたダッシュ(走り出すさま)

酔った勢いで





ソウルの夜は眠らない!!!

ニックネーム 梅の花 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

カムサでハムニダ 1日目

今日から2泊3日でソウルへ飛行機

私は4回目、夫は2回目なんですよねあせあせ(飛び散る汗)

昨年の夏にソウルの西江大学に語学研修に行って以来
久しぶりの韓国ですひらめき

成田はこんな下だったのに

DSC02325.JPG


たった2時間でこの通りバッド(下向き矢印)

DSC02332.JPG


雪ですよ、ソウルは爆弾

しかも、夜はいまだにクリスマスイルミネーション決定

DSC02336.JPG


意外に行ったことが無い「ソウル」駅ですが
ロッテマートで早くもお買い物三昧Good

DSC02340.JPG

キムチだけでなく、おかず(ナムル)類を作り置きして保存する国なので
タッパーの種類が半端じゃない!
左はキムパップ(のり巻用)のタッパーですよ。

DSC02453.JPG


大好きなバナナ牛乳も買っちゃいました。

DSC02452.JPG


初日の夕飯は、焼き肉です猫(足)

ソウルへ行くと必ず寄る『景福宮』(キョンボックン)というお店です。


ニックネーム 梅の花 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする